クラス分けされたニュータウンにおいては

ところで,レックスとモア(RexandMoore;1967)による住宅階級(housingclass)
の概念は,世帯の住宅へのアクセスの違いによる階層格差を指摘
したものであると理解できる5)。わが国における公営住宅の供給の大部分は,
住宅購入による住宅取得が困難であったり,民間借家市場における家賃支払い
能力が極めて脆弱な世帯を対象としたサブマーケットに位置づけられる。その
ため,良質の住宅に入居することが経済的に困難な住宅階級向けに供給される
公営住宅は,入居者の所得の上限が制定されていることによって,住居費を指
標とした経済状況においては等質的な居住集団が形成される可能性を包含して
いることになる。

有った方が良い設備やしっかり固定したり守ったりしなければならない設備もある。家 高く売る ←いろいろな設備はこちらのサイトから確認してください。

同様に,竹中(1990)は住宅階級の定義を「住宅の所有関係と集合居住とに
よって相互に区分けされた世帯の集合」であるとし,所得水準によってクラス
分けされたニュータウンにおいては差別や階層間の葛藤・紛争をさす住宅階級
問題を発生させることを指摘している。竹中によると地方自治体が建設・経営
する公営住宅は,一種の社会的な漁過作用(フィルタリング効果)により特定
の社会階層を特定の住区・住棟に集め,つねに低所得者が滞留するハウジン
グ・トラップ(住宅政策のわな,落し穴)と呼ばれる問題を発生するとされて
いる。

また竹中(1992)は,公営住宅における住宅階級問題のメカニズムを入居の
ための制度的枠組み(公営住宅の場合の所得制限)が,居住者を階層的にふり
わける一種の弁別メカニズムとして機能し,所得の不平等を住宅の平等化とし
て是正するはずの住宅政策が階層区分をみえるかたちでの「空間化」すること
によって,新たな差別の形態を生み出すと指摘している。

EC053_L

大阪市平野区の公営住宅における被保護世帯

それに対して,公営住宅では供給時において供給者側(地方自治体)が行う
居住者の選択は,必ずしも地価を反映した経済論理に従ったものではない。そ
の場合に行われる地方自治体の居住者選択には,入居条件としてあげられる申
込者の世帯収入が最重要な基準として作用する。さらにその後の転出入の繰り
返しの過程においては,公営住宅市場では民間住宅市場と異なり,世帯の収入
基準を制約条件とした転入世帯の行政側による選択とともに,高齢者や身体障
害者世帯,低所得者層に対する優遇入居が行われ,福祉政策としての公営住宅
供給が,その福祉機能を果たす一方で,その弊害として低所得者層や高齢者層
の集積を政策の力によって創出しているのである。このような特定の社会階層
を特定の住区・住棟に住宅政策により結果的に集積させてしまう現象は,ハウ
ジング・トラップと呼ばれる(竹中;1990)。

間取りは非常に重要です。←こちらのサイトからいろいろな間取りを参考にできます。

大規模な公営住宅団地であれば町内会や小学校区などを構成し,それ自体で
地域社会を形成するため,これにより公営住宅への入居世帯の居住者特性に対
するアーバン・マネージャー的な役割に形成された居住者特性は住棟や住宅団
地内部において等質的であるほどそれらの周辺地域とは異なり,しかも小学校
区などにおいて周辺地域との交流がより少ないために孤立した島状の地域社会
の形成となると考えられる。この点について建築学の分野において平山ほか
(1986)は,大阪市平野区の公営住宅における被保護世帯(高齢者や生活保護
受給の世帯)の集積のメカニズムを明らかにしている。その居住者特性の分析
の結果として,低所得者や高齢者などの経済的弱者の集積が明らかにされてお
り,公営住宅政策がある程度は福祉的役割を果たしてきたといえる。

EC054_L

都市システムの状況において

これについてノックス(Knox;1987)は,「公営住宅が都市の空間構造に与え
る影響について,経済的・人種的居住分化を局地化することによって社会問題
を合成しながら,強化している」(224p.)と指摘している。一方で都市管理
者の役割に関しては,ジョンストン(Johnston;1979)は重要な役割を持つ
ものとしてみるべきものではあるが,経済的・社会的・政治的プロセスが活動
に制限を与えるという都市システムの状況において,限定的な重要性としてみ
るべきであると指摘しており,過大に評価すべきでもないとも思われる。

地震はその後の火事も怖いです。←このサイトから地震や火事などに対してどのような対策があるのか調べてみましょう。

しかしながら,公営住宅の供給が直接的あるいは間接的に都市内の居住特性
に影響を与えることは前述のように明白であり,他の種類の住宅以上に都市管
理者が「希少資源」の配分への影響力を最も強く発揮できる分野のひとつであ
ると考えられ,都市マネージャリズム論が生みだした多くの研究の関心は例外
無く住宅に向けられている(ピンチ;1990)。

すなわち,公営住宅居住者の居住特性をコントロールするのは,住宅の種類
などの決定や配置を行う政策的な作用であるが,一方,民間住宅市場において
は住宅の分譲価格や賃貸料によるフィルタリング作用が働くことによって居住
者特性を創出していくと考えられる。つまり民間住宅市場では,住宅の老朽化
にともなう居住者の社会的ろ過作用(フィルタリングダウン)がみられ,年次
経過とともに居住者の転出入が行われ,一般的には前住の世帯より低い社会経
済的地位の世帯が入居するという連鎖的居住地移動(chainmigration)がみ
られる。その際の居住者特性の形成や変容には,主として世帯の経済力を基準
として居住者選択する経済的論理が働いていると思われる。したがって,居住
者特性には地価に対する負担力をフィルターとした居住者選別作用が働くと考
えられる。

EC052_L

ニュータウン法に基づく福祉国家の都市政策

これらの都市化に対しヨーロッパ
の都市化は,「公共の利益のために都市の変化を規制したり,個人の投機的利
益に対して公共的対策を講ずるなど,明らかに管理された都市化をつくるため
の多様で効果的な方法が開発されてきた」(ペリー;1976,p.5)。すなわち,
「『管理された都市化』とは,福祉国家の進展にともない都市空間を公共的な性
質のものにつくり変えていく,その過程を意味する」(西山,1986,p.137)。

不動産、リフォームと言えば、←こちらのサイトがお勧めです。

具体的な事例として,ロブソン(Robson;1969)は「20世紀のイギリスに
おける公営住宅と都市計画の発達が,ワース(Wirth;1968)のアーバニズム
論などにみられる古典的都市化理論の基盤を崩壊させた」(p.137)ことを引
用し,またニュータウン法に基づく福祉国家の都市政策に関連して,公営住宅
供給に言及している。また,ノックス(Knox;1987)は英国の公営住宅にお
ける居住者を分析した結果,マイノリティに対して明らかに不利な立地であり,
多くの公営住宅が都市から離れた郊外地域に集中して立地していることを指摘
しているが,これは公営住宅の開発された地域が既存の住宅地とのあつれきを
回避するためであり,アーバン・マネージャーによる居住分化の形成であると
いえる。同様にビールほか(Peeletal.;1971)はアメリカ合衆国のいくつか
の都市において,中流階級のコミュニティが既存のスラム地域以外に公営住宅
の建設される機会をほとんど無くし,公営住宅の建設地を限定していることを
指摘している。さらに,トゥワイン・ウィリアムス(TwineandWilliams;1983)は,公
営住宅における居住者の社会的分化を職業構成や住宅の老朽度との関連から明
らかにし,ウィンチェスター(Winchester;1990)はジェンダー問題との関
連から,公営住宅に女性と子どもからなる片親世帯が集中していることを明ら
かにし,公営住宅政策が新たなる貧困の集中を生じさせたことを指摘した。

EC051_L

住宅市場における力関係

都市地域の構造化において,アーパン・マネージャーとゲートキーパーは重
要な役割を果たすが,その役割の認定に関して,レックス・モア(RexandMoore;1967)は,住宅階級(housingclass)の概念から説明しており,そ
の中では,住宅のような希少資源へのアクセスにおける選択に対しての制約を
構築し,住宅市場における力関係を住宅配分システムの操作者(行政すなわち
官僚制)の重要性について述べている。西山(1986)はこのレックスの住宅階
級論の意義について,福祉国家における希少資源の配分と官僚制の役割を基軸
に据えた階級間の葛藤を理論化した点にあると評価した一方で,住宅階級にみ
られる階級矛盾は階級意識が弱く鮮明でないこと,住宅市場が階級不平等の原
因というより結果であることなどをあげて厳しい批判も紹介している。

お金をかけても大規模なリフォームをしないで地震対策ができる場合もある。←いろいろな物件を見て知識を得よう。

また,ベリー(1976)は20世紀のヨーロッパの都市化を19世紀の工業化に
よる都市化と区別して「管理された都市化」と捉え,公共の介在を経た管理さ
れた変化とみなした。ペリーは都市計画の公共性という視点からみた,北アメ
リカ及び第三世界の都市化とは異なるヨーロッパの都市化を再定義した。彼に
よると北アメリカの都市化は,競争経済と利害集団的政治体制の条件のもとで
都市開発の多くが自由な私企業の投機的事業にまかされ,また第三世界の都市
化は,公共の権力が高度に集中的で,政治機構は権威主義的であるのに,あま
りに大規模でペースの早い変化に圧倒され,「都市開発が公共利益を求め公的
事業として行われるにもかかわらず,すべてが私物化されてしまう性質のもの
である」(西山,1986,p.137)としている。

EC055_L

子供部屋への閉じこもる。

こうした非行行為の場としての側面の他に、子供の不適応を温存・助長する場合もあります。外山知徳の研究によれば、登校拒否児の家庭では家族の住まい方に拙さがみられるといいますが、なかでも患児が子供部屋を閉じこもりの場としてしまい、登校拒否状態を温存することがあるといいます。あるいは稲村によれば、大学生以上の男子に多い無気力症の場合も、子供部屋が閉じこもりの場となって家族とのコミュニケーション拒否の道具になっている例があるといいます。この不適応症状では、患者は次第に大学や会社などの社会的場面から脱落し、家に閉じこもるようになり、最後は自室に完全にこもってしまうまでになります。もちろん他の重要な症状もありますが、極端になると食事も部屋の扉の前に置いてもらい、密かに食べ、食器を扉の前に置くとか、母親(コミュニケーションの相手はもっぱら母親になるようです)との会話も扉に貼ったメモを通して行うほどになるといいます。閉じこもりについてはもう一つ指摘しておく必要があります。それは、発達の一時期、自室にこもる行為が現れるが、上に述べた「不適応」としての閉じこもりとは区別する必要があるということです。小林は子供部屋の使い方を四つの型に分類し、その一つに家族空間への関与が少なく自室を自分で支配する「閉じこもり型」を挙げました。興味深いのはこの「閉じこもり型」が一二歳.一八歳で多く現れ、二○歳過ぎにはなくなるということです。この行動を「閉じこもり」というかは別にしても、青年期の子が閉じこもり的な行為をとってもそれは発達の一時期の現象であることをこの研究は示しています。←こちらのサイトから安心できる物件を探してください。

FH017_L

個室をもつこと

.個室をもつことの功罪l子供部屋の否定的側面.

・子供部屋が非行を生む可能性は低いしかしそうはいっても個室が非行の温床になるのではないかという危倶を抱いている親は多いでしょう。実際、子供部屋が親の目から子供の行為を隠していたための不幸は枚挙に暇がありません。たとえば数年前世間を驚樗させた「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」があります。この事件では、犯人グループの一人の子の部屋が監禁現場と犯行現場に使われていました。事件に関する本はたくさん出版されていますが、どれを読んでも驚かされるのが、二階の子供部屋と階下の親の空間がまったくといっていいほど隔絶されていたことです。窓から犯人の少年たちが出入りしていたなど、ここでは部屋はあたかも家の他の部分から切り離された世界として存在していたように思えます。しかし、ここでは子供部屋と非行の関係に関する議論が必ずしもきちんとした裏づけがあってなされたものではないことを指摘しておく必要があるでしょう。むしろ増大する非行の原因をさがす中で子供部屋というものの存在が目についたというようです。対策はたくさんある。自分に合った方法を選ぼう。←ちなみにこちらからは多くの物件を見ることができます。対策を見て参考にしましょう。

ここで挙げたものはいずれも極端な事例であることはいうまでもありませんが、重要な問題を含んでいます。

しかも思索や内省ということを考えれば、こうした行動は自己像の確立に必要な行為であるのかもしれません。

FH016_L

家の中の気に入った空間

先の主婦の場合と同様、家の中に気に入った空間があり、興奮を鎮めたり、自分を振り返るといった心理的作業に使うことのできる空間のあることが自己の再確認や安定化に寄与することは想像に難くありません。一方で、意外なことに排他性は自立性とはなんら関係しませんでした。そのうえ、愛着や自己表現とも相関しませんでした。これは自己表現と排他機能を結びつける従来のヒトのなわばりについての考え方と一致しません。ただ、たいていの若者が他人がノックもせずに部屋に入ってきても不愉快には思いながらも抗議しないと答えているように、この調査も含めて我が国での調査結果は自室空間の低い排他性をその特徴としています。この弱い排他的態度がこうした結果をもたらした可能性もまだ残されています。有った方が良い設備やしっかり固定したり守ったりしなければならない設備もある。←いろいろな設備はこちらのサイトから確認してください。このように、同じように個室を保有していても部屋への愛着度や部屋の自己表現度によって自我の発達度が異なる可能性を調査は示しています。もしそうであれば、逆に、部屋がなくてもそれに替わるなわばり的空間があればよいということもできます。つまり、子供部屋の有無というよりは、なわばり的空間の有無が重要だということのようです。・精神的危機に際しても自分の場所をもつことが重要な意味をもつ子供部屋のような自分の場所を確保することは、自己同一性確立にともなう危機を乗り越えるのに役立つ要因のひとつであることは、精神科医の指摘することでもあります。たとえば精神科医の笠原嘉はその著書の中で、青年の患者が自分の場所を確保したのを契機に症状が軽減したという体験を述べています。

FH015_L

なわばり的空間

・子供のなわばり的空間となっているかどうかが、子供部屋の評価のポイント第一章でみたように、最近のヒトのなわばりに関する議論は、個人と場所(空間)との心理的関わり方を重視しています。つまり、自分の空間を確立するということはそこを自分にあわせて装飾する行為を伴い、為を伴い、それが空間への愛着をうみ、さらに空間所有者の自己同一性を強化する、というのがその考え方です。(》) このような見方からすれば子供部屋の問題は部屋の有無だけではなく、部屋との心理的結びつきがどうなっているかということがポイントになります。北浦らの調査でも、子供部屋での生活行為とくに「ひとりになって考える」という内省的行為の場としての使われ方が大事なことがわかっています。残念ながらこうした視点からの研究は寡聞にしてあまりみかけません。そこで筆者は大学・短大生を対象に、自室のなわばり化(排他的態度、自己表現の認識)と部屋の使い方、自我の確立の一側面である心理的自立度の関係を調べてみました。結果は非常に明快でした。すなわち、なわばり的態度のうち部屋による自己表現は心理的自立性と密接に関連していることが示されました。火事にも備えましょう。←こちらでのサイトではいろいろな住宅情報を取り揃えております。つまり部屋を自分にふさわしいものとなるように飾っている若者は、自分自身の価値観を身につけており何事も自分の判断で行う傾向が強いことがわかりまししかも部屋を自分らしくしている若者はそうでない若者に比べて強い愛着を部屋に対して持っていることが示されました。そして、腹が立ったり悲しいことがあるというような激しい感情状態にある時、一人になりたい時、暇な時間を過ごす時、友人を泊める時など、多様な目的に部屋を使っていることもわかりました。

FH014_L

専用の個室

すなわち、この研究では自立性の測定に際して小学生と大学生と同じ質問項目を用いていると思われることです。その結果、大学生の自立性は非常に高くなり、結果的に個室保有群と非保有群の差が隠れてしまったと思われるのです(いわゆる天井効果)。これを確かめるため筆者は大学生を対象にした調査で個室保有群と非保有群に分け、青年の自立性(依存性)を測定するテストを比較してみました。その結果、専用の個室をもたない学生は少数ですが、そうした学生に比べ個室のある学生の方が自立性が高いという結果を得、大学生でも個室の有無による心理的影響が持続していることがわかりました。では子供部屋をもてばよいのか、というと必ずしもそうとは限らないことも明らかです。すべき手続きはしっかり行いましょう。←ここのサイトから不動産のリフォームなどに関する知識を得ましょう。もしそうだとすれば、四畳半と六畳に親子五・六人が生活していた時代の子供は救いようがなくなってしまいますし、現在でも極端に劣悪な住宅事情に置かれている国々の子供はこの点で絶望的な状況にあることになってしまいます。

というのはこの場合も部屋の「存在自体」が問題行動の原因になっているのではなく、問題行動をもった子供が部屋を「不適切に利用」し、結果的に部屋の存在が問題行動を温存することになるということです。

同じく精神科医の市橋秀夫も分裂病患者について、患者が自分の場所Ⅱベースキャンプをもつことで症状が軽減する事例を報告しています。

FH013_L