.個室をもつことの功罪l子供部屋の否定的側面.

・子供部屋が非行を生む可能性は低いしかしそうはいっても個室が非行の温床になるのではないかという危倶を抱いている親は多いでしょう。実際、子供部屋が親の目から子供の行為を隠していたための不幸は枚挙に暇がありません。たとえば数年前世間を驚樗させた「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」があります。この事件では、犯人グループの一人の子の部屋が監禁現場と犯行現場に使われていました。事件に関する本はたくさん出版されていますが、どれを読んでも驚かされるのが、二階の子供部屋と階下の親の空間がまったくといっていいほど隔絶されていたことです。窓から犯人の少年たちが出入りしていたなど、ここでは部屋はあたかも家の他の部分から切り離された世界として存在していたように思えます。しかし、ここでは子供部屋と非行の関係に関する議論が必ずしもきちんとした裏づけがあってなされたものではないことを指摘しておく必要があるでしょう。むしろ増大する非行の原因をさがす中で子供部屋というものの存在が目についたというようです。対策はたくさんある。自分に合った方法を選ぼう。←ちなみにこちらからは多くの物件を見ることができます。対策を見て参考にしましょう。

ここで挙げたものはいずれも極端な事例であることはいうまでもありませんが、重要な問題を含んでいます。

しかも思索や内省ということを考えれば、こうした行動は自己像の確立に必要な行為であるのかもしれません。

FH016_L